【シリーズ】第2回 築26年・入居率20%の物件を満室にできるのか?

先輩投資家に言われた、

「ではこの1年を、自分の力で満室にするスキルを学ぶ1年にしてみてはいかがですか?」

この言葉は正直、予想外のアドバイスでした。

確かにそうです。私はそれまで、比較的利回りが低くとも
築浅で、駅チカの物件しか目が行っていませんでした。

ですので、これまで多少の空室はあったものの、1カ月から2カ月で
入居者が決まるという恵まれた状況が続いていました。

「自分の力で満室にするスキル」
私には持っていませんでしたね。

今後、サラリーマンを卒業し、不動産経営者として歩んでいく人生の中で、
「自分の力で満室にするスキル」は、必要な技能に違いありません。

先輩投資家のアドバイスを聞き、チャンレンジすることを決めたのでした。

時同じくして、2014年4月ごろ、ある金融機関の融資情報が入ってきました。
それは、S県にある銀行の話でした。
不動産投資に積極的なS銀行(仮にS1銀行とします)ではなく、
別のS銀行(仮にS2銀行とします)でした。

S1銀行さんは、サラリーマンを対象に、不動産を担保にとる大型の不動産投資ローンを
積極的に行っています。ところがここ半年ほど前から、その基準が少しづつ厳しくなって
来ていました。具体的には、「築古の物件には融資しない方針」になりつつありました。

そこに目をつけたのかどうか分かりませんが、S2銀行さんが
「築古の物件にも融資を付け始めている」という情報でした。

このS2銀行さんの動向は、私にとっては朗報でした。

空室の多い築古の物件を安く購入することができるかも知れない、
S2銀行さんからの融資で。

私の次なる、戦略が明確になりました。

→ 続きはこちら

Sponsored Link