【シリーズ】第15回 築26年・入居率20%の物件を満室にできるのか?

2014年12月師走。

26年勤めたサラリーマンを辞めて過ごす12月。
これまでの26年間の12月は本当に忙しい12月でした。
職業柄、「年末が忙しく働き、年始に一息つく」、
そんな年末年始でした。

ですので、これまでの26年間と比べると、余裕のある12月。

この26年間中々できなかった、「旧友との忘年会」「家族との旅行」
「友人とのクリスマスパーティー」などなど、あっという間に楽しい12月が
過ぎていってしまいました。

私も正直、「築26年・入居率20%」の物件のことがすっかり頭から離れてしまっていたのが
事実です。

そんな折り、12月年末ギリギリに、管理会社から連絡がありました。

私「ちょっとバタバタ連絡できませんでした、その後どれぐらい決まりましたか?」

管理会社「いやそれが・・・・」

私「厳しいですか?」

管理会社「正直厳しいです。あれからポツポツ内覧の希望はあるんですが、決まりません。
3月入居の一件のみです」

私「作戦会議をしましょう」

管理会社「はい、一日でもはやく打ち合わせしたいです」

予想外の展開に、ちょっと胸にもやもやを抱えながら、2015年のお正月を迎えるのでした。

→ 続きはこちら

ここでお知らせです。

このシリーズ「築26年・入居率20%の物件を満室にできるのか?」の内容を
僭越ながらセミナーで話させていただきます。

日時は2月28日(土) 。
私がいつもお世話になっています、浦安大家塾の勉強会で話す機会を頂きました。

浦安大家塾は、
「一人勝ちではなく、常にWin-Win-Winの関係作りができる大家さんを一人でも多く輩出する。」
「塾生同士がお互いをブラッシュアップし合えるような場を提供すること。」
という理念の下運営されている大家塾で、どなたでも入塾できご参加いただけます。

もちろん浦安でお仕事、お住まいでない方でもOKです。

残りあと数席だそうですので、もしよろしかったらご参加ください。

詳しくは、浦安大家塾のホームページから

Sponsored Link