観光客目標4000万人に変更! 民泊は?

Sponsored Link

3月30日政府は2020年の訪日外国人観光客数の目標を、2000万人から4000万人にすると発表いたしました。

2000万を4000万ですから倍増ですよ。

先日、クライアントと銀座4丁目の三越前で待ち合わせをいたしました。先方がちょっとしたトラブルに見舞われ20分遅れて集合場所に登場いたしました。その20分で私が見た風景は?

1a1848e18507ac2f033e428144256c5f_s

ここはNYマンハッタンか?と思ってしまうような外国人観光客の多さでした。さらに驚いたことは観光客がアジア圏の方だけではないという点です。1年前でしたら、台湾人・中国人などアジアの方がほとんどだったかと思えましたが、しかし今ではヨーロッパ・アメリカからの観光客が増えている印象です。この数が倍になるのか・・・・・

私の住んでいる浦安市新浦安は現在、ホテル建設ラッシュです。計画・改装を含めると6つのホテルが2020年までに建設される予定です。現在すでに3ホテルが開業していますから、ひとつの駅に9つのホテルができることになります。いくらディズニーランドの隣の駅とはいえ、凄い数です。新浦安は数年後ますます国際色豊な街になりそうですね。

さて、民泊です。

観光客目標が上がることは、当然民泊推進の後押しになることは間違いありません。

ただし、まだまだ法整備が必要です。旅館法が改正されても、各自治体の条例の問題があります。旅館業法が改正されたとしても、厳しい条例のために民泊がオフィシャルにできないというエリアが沢山あります。いや、ほとんどの場所がそうだといってもいいかもしれません。各自治体は「条例の改正」を迫られています。

民泊に積極的な姿勢の国・政府が、各自治体に「自治体も後に続けよ!」というメッセージを発している気がいたします。

3/30に目標の発表の翌日、旅館業法が一部改正されました。

政令第九十八号 旅館業法施行令の一部を改正する政令

内閣は、旅館業法(昭和二十三年法律第百三十八号)第三条第二項の規定に基づき、この政令を制定する。
旅館業法施行令(昭和三十二年政令第百五十二号)の一部を次のように改正する。
第一条第三項第一号中「三十三平方メートル」の下に 「 (法第三条第一項の許可の申請に当たつて宿泊者の数を十人未満とする場合には、三・三平方メートルに当該宿泊者の数を乗じて得た面積) 」 を加える。

附則
この政令は、平成二十八年四月一日から施行する。

官報 平成28年3月30日 号外第71号より

人気ブログランキングに参加中です。 お楽しみいただけましたら、応援クリックよろしくお願いいたします。

Sponsored Link