大規模修繕いよいよ終盤!

私が個人で所有している区分マンションのひとつで、現在大規模修繕が行われています。

その物件は平成11年築ですので、築17年目での大規模修繕ということになります。私は今回の大規模修繕の委員を担当させていただいています。サラリーマンを独立していたことや今後の勉強のために引き受けました。修繕見積もりの精査、工事会社の選択、そして工事の監視監査と仕事は多岐にわたります。

今回の修繕委員は4名です。既にリタイヤされている方2名と私のようにご自身で会社経営されている方2名です。平日の夜や土日に集合しての打ち合わせがあり、時間もかなり拘束されます。

その大規模修繕も先週足場解体前の現場確認視察が無事行われ、いよいよ足場の解体が始まり工事も終盤を迎えました。

今回初めて大規模修繕にかかわらせていただき、つくづく感じました。

「修繕委員や理事会の方々は本当に大変だ」と。

サラリーマンによる区分マンション投資は実に手軽にできるものです。購入後は賃貸管理会社や建物管理会社に全て丸投げできます。ほったらかしにできる投資です。

ですが、一方で、私たちを代表して働いてくださるオーナーの方々がいることを忘れてはなりません。

ちなみに、私のマンションでは、会議出席について少しだけの交通費が支給されます。

 

 

人気ブログランキングに参加中です。 お楽しみいただけましたら、応援クリックよろしくお願いいたします。

Sponsored Link