不動産繁忙期にオーナーは何をすべきか?

Sponsored Link

毎年1月から3月の間、不動産業界は繁忙期となります。一年を通じて1月から3月の間が新しい賃貸契約が成立する確率がもっとも高いのです。4月の新年度スタート、新生活スタートのために当然のことと言えるでしょう。

では、この繁忙期に空室を埋めるために不動産オーナーは何をしなければならないのでしょうか?

最も大事なことは、業務委託している不動産賃貸管理会社とマメに連絡を取ることです。この時期、各業者各担当者も非常に忙しく連絡が取りずでしょう。でも遠慮することはありません。コミュニケーションを取ってください。最悪、メールだけでもOKです。

理想は、週に2回、連絡を取るようにしてください。

1回目の連絡は、現状の問い合わせ状況の確認。そして今後の内覧予定の確認です。
2回目の連絡は、内覧の結果とその後の問合せの確認です。

この一週間2回の連絡を続けてください。

マメに連絡を取ることで、オーナーの情熱が担当者に伝わります。「このオーナーの為に、何とか入居者を決めよう!」と思うのが人情です。また、担当者とマメにコミュニケーションを取ることで、いろんな情報が耳に入ってくると思います。たとえば「自分の物件のすぐ近くでグレードの高い部屋が安い賃料で募集が掛かっている」とか、「鍵の交換費用だけでもサービスしてほしい入居者がいる」とか。

担当者と情報交換をすることで、空室対策の施策が見えてくるでしょう。

現在空室のお部屋をお持ちのオーナーをお持ちの方は、賃貸管理会社に丸投げするのではなく、コミュニレーションを取るようにしてください。そしていい春を迎えてください。今が勝負の時です。

 

 

人気ブログランキングに参加中です。 お楽しみいただけましたら、応援クリックよろしくお願いいたします。

Sponsored Link