不動産投資で重要に融資ストーリー

私はよく、不動産投資にはストーリーが必要であると言っています。投資家それぞれのストーリーです。

物件を増やしていく場合、たとえば

まずは区分マンションを購入、さらにもう一戸。その後は地方の中古一棟もの、そして首都圏の一棟もの~というようなストーリーです。

この物件取得のストーリーと同様に金融機関に対するストーリーも作らなくてはなりません。たとえば、

まずはサラリーマン属性で融資してくれるA銀行、次は地元の地銀B銀行、その後は地元の信金C信金・・・・・などなど。

このようなストーリー立てをしておくと、いすれ融資をお願いするであろうB銀行やC信金には今から口座を作っておくのがいいでしょう。少額の積立をしておくのもいいかもしれません。

不動産投資を拡大していくには、多くの金融機関と取引が必要になってきます。その道筋を今から作るように心がけてください。

 

 

人気ブログランキングに参加中です。 お楽しみいただけましたら、応援クリックよろしくお願いいたします。

 

 

 

Sponsored Link