推奨本「はじめての不動産投資成功の法則」

Sponsored Link

 

不動産投資を勉強する上での推奨本を一冊ご紹介いたします。
藤原正明さんが書かれた「はじめての不動産 投資成功の法則」です。(幻冬舎) 2014年11月4日発行です。

余談から入りますが、不動産関係の書籍を購入する場合、私は必ず第一刷の日付を確認するようにしています。なにも新しい出版物を買おうとしているというわけではありません。この「はじめての不動産投資成功の法則」という書籍は2014年11月4日発行ということですから、原稿が書かれたのはおよそ半年前、つまり2014年前半の不動産市況にのっとって書かれた本だということが分かります。その本の書かれた時代を頭のベースに置いて読み進めるることが大切です。

私は、時折ブックオフなどに行って数年前に発売になっている不動産投資本も見つけてよく読みます。たとえばリーマンショック前どんな不動産投資が薦められていたのかを知ることは、時代を知ることであり未来を知る知識となります。書籍の発売時期が必ずチェックするようにしてください。

さて本題に戻ります、「はじめての不動産投資成功の法則」です。

著者の藤原正明さんは、大手不動産会社に勤められた後収益不動産にとても強い武蔵コーポレーションで実務経験を学ばれ、現在大阪で独立され大和財宅という収益不動産扱いの不動産会社・コンサルタントをやられている方だそうです。さすが不動産業界での実績と武蔵コーポレーションでの実務経験を積まれているだけあって、しっかりした考え方をお持ちの方だという印象です。

「はじめての不動産投資成功の法則」は、不動産投資について全く知識ゼロの方の方にとっては、少し難しい部分もあるかも知れません。しかし一度ざっと目を通したうえでもう一度じっくり読むとか、あるいは今は分からない部分があったとしても様々勉強された後に半年後もう一度読んでみると、「成功の法則」が見えてくる書籍だと思います。おススメです。私も大変勉強になりました。

本の中に、大阪の不動産状況が随所に書かれていました。その一つに「大阪には違法建築の物件も多く、それに融資を付ける金融機関もある」という一説がありました。この一説を読んでひとつ合点がいくことがありました。

先日ある関西系の地銀の方と融資の相談をしていた時の話です。その中で融資担当者はこうおっしゃいました。「違法建築の場合、絶対NGですから気を付けてください」
何を言っているんだうと思っていました。そんなことは当然なことで、改めて口に出して注意勧告する必要もないことと思っていました。

裏には、関西独特の不動産事情と融資事情があったんですね。ひとつ勉強になりました。

「はじめての不動産投資成功の法則」の具体的中身については、これから読まれる方のために詳しく書きませんが、強く頭の中に残った一文をご紹介させていただきます。

不動産投資の目的は、借入金利を抑えることではありません。「金額」「金利」「期間」を考慮に入れて融資を受け、その資金を投じて投資効率の良い物件を購入する。そして税引き後のキャッシュフロー最大化を図った上で、得た利益で将来ビジョンの達成を目指す。

「はじめての不動産投資成功の法則」より引用させていただきました。

この本は大阪でセミナーさせていただいた際、参加されたS様にご紹介を受けた本です。S様ありがとうございました。S様の素晴らしき未来お祈りいたします。


最後までお読みいただきありがとうございます。私、不動産プロデューサー❝アユカワタカヲ❞は、無料不動産投資メルマガを配信しています。ブログでは書けない不動産投資とっておき情報もお届けしています。あなたからのご登録をお待ちしています。

→ メルマガについて詳しくはこちらの記事をご覧ください

人気ブログランキングに参加中です。お楽しみいただけましたら、応援クリックをよろしくお願いいたします。

Sponsored Link