不動産投資は、個人ではなくチームで戦う

Sponsored Link

不動産投資、不動産経営はチーム戦です。個人戦ではありません。孤独な戦いではないのです。安心してください。まわりには沢山の助っ人がいてくれます。

そして、あなたは、ご自身の周りに沢山の優秀なチームメイトを持つことを心がけてください。

「絶対に敵を作らない。」
「味方をひとりでも多く作る。」

そう意識しましょう。私は沢山のチームメイトに助けられました。感謝しています。

・・・チームメイトとは?
「不動産会社」「賃貸管理会社」「建物管理会社」「顧問税理士」「弁護士」「司法書士」「行政書士」「社労士」「入居者」「先輩投資家」「投資家仲間」

そして、「奥様」「ご主人」「恋人」です。全員がチームメイトなのです。

数年前に、ある不動産投資セミナーに参加したとき、セミナー終了後、席が近かった数名で飲みに行くことになりました。宴席で、それぞれの投資話を披露していたのですが、ある一人の男性は多くを語りませんでした。時間も経ち、酒も進んできたときに、ついに彼が語りはじめました。

「実は、不動産投資をはじめたんですが、失敗したんですよ」

他のメンバーは、興味津々で話を聞きはじめました。彼は、築古戸建て投資が面白いと判断し、首都圏の外れにある築古戸建て空き家を、貯蓄していたお金で現金買いしました。「この物件はお宝物件ですよ」という誘い文句に乗って購入したそうです。その後、リフォームして、いざ入居者募集をはじめようとしたとき賃貸管理会社の方に指摘されたそうです。「この家、傾いていますね」その家は、確かに少しだけ、傾いていたのです。悲しいかな、彼はリフォームか終了するまで、その事実に全く気づくことがなかったというのです。

「俺は騙されたのか?」

入居者もつかない、売るに売れない、お先真っ暗・・・・・そんな話を告白されました。

話が終わると、別の投資家の方がニコニコしながら話しはじめました。

「俺、いいジャッキ屋知ってるよ?聞いてみようか?」

ジャッキ屋とは、ジャッキを使って傾いている家を直す業者です。東日本大震災の時に、大活躍した業者です。その後、彼は紹介してもらったジャッキ屋に傾きを直してもらい、
現在は無事入居者も決まり、家賃収入が入ってきています。

不動産投資はチーム戦です。

誰かがあなたを助けてくれます。最高のチームを築いてください。

このブログを読んでいただいているあなたは、私のチームメイトのひとりだと思っています。力を合わせて、前に進んでいきましょう!是非、私がおおかた毎日発行している無料メルマガにもご登録くださいね。


最後までお読みいただきありがとうございます。私、不動産プロデューサー❝アユカワタカヲ❞は、無料不動産投資メルマガを配信しています。ブログでは書けない不動産投資とっておき情報もお届けしています。あなたからのご登録をお待ちしています。

→ メルマガについて詳しくはこちらの記事をご覧ください

人気ブログランキングに参加中です。お楽しみいただけましたら、応援クリックをよろしくお願いいたします。

Sponsored Link