不動産も街も人も熱い大阪!

2月14日(土)と15日(日)と二回、大阪・梅田で「人生自由化計画」をテーマにセミナーをやらせていただきました。ご参加いただいた方々、お世話になりました。ありがとうございました。

このサイトへも、参加された方々から沢山のご感想、ご意見メールを頂きました。あわせてありがとうございます。なるべくみなさんにご返事を出そうと思っています、まだの方は今しばらくお待ちください。

主催者によると、セミナー後すぐに行動に移された方もいらっしゃるとか。多くの方の背中を押す一助になれたことを多大変うれしく思っています。

大阪・梅田は、言わずと知れた大阪随一の繁華街です。そして私にとって中学時代・高校時代の6年間通学の乗り換えに使っていた駅です。あれから30年、その梅田でのセミナーの機会とても感慨深いものでした。

大阪(梅田)は著しく変化しています。阪急百貨店をはじめ商業施設の建て替えが次々に進んでいます。阪神百貨店も随時建て替えに入ります。

hanshin-tatekae130106016

ちょうど今日阪神百貨店の地下の立ち食いコーナーの閉店がニュースになっていました。学校帰りに食べた「そば」「うどん」「お好み焼き」が懐かしいです。

そして梅田再開発の目玉は何と言っても大阪駅北側の貨物駅跡地です。何もなかったところに街がひとつ誕生いたします。橋下市長も再開発に大変力を注いでいらっしゃいます。間違いなく大きな発展となることでしょう。

街は生き物です。生きています。そして成長していきます。
成長するには、栄養が必要です。
街にとっての「栄養」は、企業であり人でありそれに投資するお金でしょう。
大阪は、今後もカロリーの高い「栄養」を吸収し、
年々成長していくことであると感じました。

またアジア人観光客の多さに驚かされました。それは東京と比べものにならないぐらいの外国人観光客の賑わいでした。

こんなことがありました。

私は買い物するために道頓堀のドン・キホーテに入りました。もちろんアジア人の観光客でごった返していました。私は、商品を購入するためにレジの長い列に並びました。気が付けば、並んでいるのは私以外全員外国人の方でした。そしてレジを打っているお店のスタッフも外国人でした。

台湾人(たぶん)の女の子が、中国人(たぶん)の店員にカタコトの日本語で聞きました。
「これは税込の料金ですか?」
これに対し店員の中国人スタッフは、「?????????」
何と、店員は、日本語が話せませんでした。
一体ここは、どこなんだ? (笑)

不動産も街も人の熱い、大阪でした。
不動産投資の対象にならない訳がありません。
そう感じた大阪出張でした。

Sponsored Link