売主物件と仲介物件の違いについて

物件情報を見ていると、『売主物件』『仲介物件』との表記を目にします。これは「取引態様」と言い、不動産取引の形式を示しています。今回は、この2つの違いについてご説明致します。

『売主物件』とは、所有者が直接販売して取引される物件を指します。『自社物件』『販売主』等と表記される場合もあります。物件の所有者と直接取引を行うため、仲介手数料がかからないことが最大のメリットです。また、物件が売主保有のものなので正確な情報を知ることができたり、仲介者がいないためにレスポンスの早いやりとりができたりすることにも優れています。逆にデメリットとなるのは、売主との直接交渉になるため、専門的な情報の判断が必要となることです。数多の不動産を扱うプロを相手にする場合も多いため、相応の知識や準備が求められます。

『仲介物件』とは、売主と買主の間に仲介役となる不動産業者が入って取引される物件を指します。仲介役が売主と買主を引き合わせ、取引条件等の調整を担います。土地ごとの適正価格や多くの物件に精通する立場からのアドバイスをもらえるため、慎重な取引を望む方にとっては非常に大きなメリットになります。逆にデメリットとなるのは、仲介役が保有する物件では無いため詳細な情報が得られない可能性があること。「物件価格3%+6万円(税抜き)」を上限とする仲介手数料が必要となることです。

例えば、3000万円の物件を購入した場合の仲介手数料は、

(3000万×0.03+6万)×1.08(消費税)=103万6800円。

この金額は「表面利回り」にも関わってきますし、何より小さな額ではありません。ただ、取引時の手間を減らしてくれたり、専門的な知識を補ってくれたりする金額でもあります。安いと取るか高いと取るかは、それぞれの投資スタイル次第です。御自身のスタイルを充分に考慮した上での判断材料になさってください。


最後までお読みいただきありがとうございます。私、不動産プロデューサー❝アユカワタカヲ❞は、無料不動産投資メルマガを配信しています。ブログでは書けない不動産投資とっておき情報もお届けしています。あなたからのご登録をお待ちしています。

→ メルマガについて詳しくはこちらの記事をご覧ください

人気ブログランキングに参加中です。お楽しみいただけましたら、応援クリックをよろしくお願いいたします。

 

Sponsored Link