火災保険と地震保険について

Sponsored Link

地震雷火事親父。言わずと知れた「恐ろしいとされているもの」を並べた言葉です。「親父」の語源には諸説あるようで、字のように「父親」を示すという説や、大山風(おおやまじ)という「台風」を示す言葉が訛ったという説が流布されています。時代は進んだものの、地震雷火事大山風は依然として各地で猛威を振るっており、被害は甚大です。威厳を失いつつある平成の親父と言えども、不動産投資家である以上はリスクヘッジのために充分な備えをもつことが重要です。

『火災保険』とは、住宅が火災で受けた被害を補償する金融商品です。元々は火災のみによる損害に対して保険金を支払うことを目的とした保険でしたが、最近では盗難・水害等を補償する総合保険や各種特約等の多様化が進んでいます。保健の対象は「建物」と「家財」の2つに分かれていて、その両方に保険をかけることもできますし、片方だけに限定することもできます。保険会社や商品によって様々な補償・免責事項が設けられているため、加入の際は必ず複数の会社の商品を調べ、自身のニーズに合った商品を吟味してください。また、後述しますが、地震による火災は『火災保険の補償対象外』となります。津波による被害も同様です。これらの被害は「地震保険」のみで補償されるので、くれぐれもご注意なさってください。

『地震保険』は、火災保険とセットにして契約し、地震もしくは噴火またはこれらによる津波を原因とする火災・損壊・埋没・流出によって受けた被害を補償する金融商品です。地震保険のみでの契約はできません。会社や商品によって特色がある火災保険とは違い、民間の保険会社と政府が共同で運営しているため、内容は均一化されています。大規模な被害に対して巨額の保険金が発生し、保険会社のみでの支払いが困難になるためです。損害保険料算出機構の調べでは、地震保険への加入率・付加率は年々上昇しており、特に2007年の中越沖地震、2011年の東日本大震災以降はその傾向が顕著に表れています。

災害の脅威は昔も今も絶大ですが、建築技術や保険内容等、その被害をフォローするものも年々充実してきています。地震雷火事大山風VS親父。保有している不動産も家族も守るためには、相応の知識と準備が必要です。各社それぞれの保険内容をよく理解して、万が一の事態に備えてください。(親父でない投資家の方も大勢いらっしゃるとは承知しております。悪しからずご了承ください)

 


最後までお読みいただきありがとうございます。私、不動産プロデューサー❝アユカワタカヲ❞は、無料不動産投資メルマガを配信しています。ブログでは書けない不動産投資とっておき情報もお届けしています。あなたからのご登録をお待ちしています。

→ メルマガについて詳しくはこちらの記事をご覧ください

人気ブログランキングに参加中です。お楽しみいただけましたら、応援クリックをよろしくお願いいたします。

Sponsored Link