空室保証と滞納保証について

Sponsored Link

不動産投資における最大のリスクは「空室リスク」ですが、同様に居住者による「滞納リスク」というものもあります。「空室は嫌だけど、家賃を催促するのはもっと嫌」と滞納者への対応を敬遠される大家さんも多く、不動産経営においての大きな配慮事項であることは間違いありません。

今回紹介する『空室保証』と『滞納保証』は、これらのリスクを軽減する手段になります。もちろんメリットだけがある訳ではありません。デメリットにもなり得る特性を理解した上で、あなたの不動産運営に役立ててください。

『空室保証』とは賃貸管理会社等が行う家賃保証サービスです。毎月固定の保証料を支払うことで、本来なら0円であるはずの「空室の家賃」を一定額保証してくれます。保証料分による収入減はあるものの、収入が極端に落ち込むこともなくなるため安定感のある運用が期待できます。このサービスは全ての物件で契約できる訳ではなく、それなりの入居率を期待できる物件が対象となるため事前の確認が必要です。
デメリットの可能性が生まれるのは、運用後しばらく経ってからです。空室状態が続く場合や周辺環境の変化によって、保証される額が減額更新されることがあるからです。その場合、運用当初よりも低水準の安定になることは否めません。また、空室保証契約を結んでいる物件の修繕費用は一般の物件に比べて割高に設定される傾向があるため、そういった支出額の違いも充分に把握しておく必要があります。

それに対して『滞納保証』は、「滞納された家賃」に対しての保証となります。居住者の滞納金を一時的に立て替えると共に、その催促までを業務としている管理会社が多いようです。もちろん空室リスクへの対応はありません。ご注意ください。

『空室保証』と『滞納保証』は、不動産投資において重大な賃金トラブルを緩和するものです。それぞれに得意な分野はありますが、万能性はありません。サービスと鋏は使いよう。必要なサービスを必要な分だけ利用することが、優秀な大家さんへの近道だと言えます。

 


最後までお読みいただきありがとうございます。私、不動産プロデューサー❝アユカワタカヲ❞は、無料不動産投資メルマガを配信しています。ブログでは書けない不動産投資とっておき情報もお届けしています。あなたからのご登録をお待ちしています。

→ メルマガについて詳しくはこちらの記事をご覧ください

人気ブログランキングに参加中です。お楽しみいただけましたら、応援クリックをよろしくお願いいたします。

Sponsored Link