空室物件とオーナーチェンジ物件

Sponsored Link

今回は『空室物件』と『オーナーチェンジ物件』の違いについてのお話です。

『空室物件』とは居住者がいない状態で売りに出されている物件の事を指します。入居者が決まるまで家賃収入がないという明確なデメリットがありますが、最近ではリフォームしてから賃貸に出すことも増えており、オーナーの趣向を反映させやすい状態とも言えます。また、居住者がいないために賃料の改正がしやすく、設備変更や周辺相場との比較から新たな賃料を設定して募集をかけることができます。入居者の審査も自身でできるため、空室さえ埋められれば比較的安定した運用がのぞめます。

対して、『オーナーチェンジ物件』とは居住者がいる状態の物件を指します。購入してすぐに家賃収入が得られるため、収支の予測がたち投資計画に活かせることが最大のメリットです。デメリットになる可能性として考えておくべきなのは、前任のオーナーがどのような理由でその物件を手放したかということです。理由が急な資金繰り等の場合は心配ありませんが、賃料に寄るもの、管理組合等の関係に寄るもの、考えられる理由は多岐に渡ります。時には肝心の居住者自体が売却理由になる場合もあるため、売主にしっかりと確認した上で検討する慎重さが必要となります。

とはいえ、『オーナーチェンジ物件』は空室リスクを軽減する手立てにもなる上に物件価格が安くなる傾向があり、賃料によってはかなりの利益を生み出す場合も多いです。

『空室物件』と『オーナーチェンジ物件』。物件選びの際には誰もが悩む大きな二択ですが、双方のメリット・デメリットをよく理解した上で、充分に検討していただきたいと思います。


最後までお読みいただきありがとうございます。私、不動産プロデューサー❝アユカワタカヲ❞は、無料不動産投資メルマガを配信しています。ブログでは書けない不動産投資とっておき情報もお届けしています。あなたからのご登録をお待ちしています。

→ メルマガについて詳しくはこちらの記事をご覧ください

人気ブログランキングに参加中です。お楽しみいただけましたら、応援クリックをよろしくお願いいたします。

Sponsored Link