信用金庫と信用組合について

Sponsored Link

不動産投資家の多くは金融機関に「融資」を依頼します。金融機関は投資物件を各金融機関に基づく評価方法で評価金額を割り出し、また投資家の社会的な信用度を計り、その信用に見合った金額を支援してくれます。銀行をはじめとして投資家に融資する金融機関は数種ありますが、今回は一番身近だといっても過言ではない「あなたの街に密着した融資機関」をご紹介します。

『信用金庫』と『信用組合』は、共に地域の繁栄を目的とした共同組織による金融機関です。組織よりも地域社会の利益を優先するところや営業地域が限定されているところなど、共通点の多い両組織ですが、それぞれの組織が成り立つ根拠法や会員(組合員)資格が異なります。

『信用金庫』は、「信用金庫法」によって成り立っています。原則として、融資は会員が対象になります。会員資格は、営業地区においての【住所・居所を有する人】【勤労に従事する人】【従業員300人以下または資本金9億円以下の事業者】となっています。また、会員以外でも預金することは可能です。

これに対して『信用組合』は、「中小企業協同組合法」および「共同組合による金融事業に関する法律」によって成り立っています。会員資格は、営業地区内においての【住所・居所を有する人】【勤労に従事する人】【従業員300人以下または資本金3億円以下の事業者】となっています。また、組合員以外からの預金は可能ですが、預金・定期積金総額の20%という制限が設けられています。信用金庫に比べて小規模で身近な組織と言えるかもしれません。

このように規模の違いはありますが、『信用金庫』、『信用組合』共に地域に優しい組織として存在しています。利益を目的とした組織ではない分、投資家の熱心な働きかけに対して親身に応えてくれる可能性もあると思います。「あなたの街の金融機関」との付き合い方、考えてみる価値はあるのではないでしょうか。


最後までお読みいただきありがとうございます。私、不動産プロデューサー❝アユカワタカヲ❞は、無料不動産投資メルマガを配信しています。ブログでは書けない不動産投資とっておき情報もお届けしています。あなたからのご登録をお待ちしています。

→ メルマガについて詳しくはこちらの記事をご覧ください

人気ブログランキングに参加中です。お楽しみいただけましたら、応援クリックをよろしくお願いいたします。

Sponsored Link