固定金利と変動金利について

お金を借りた時には、対価として利息を支払います。その利息の割合のことを「金利」と言います。不動産を一括キャッシュで購入できる方には必要のない話ですが、ほとんどの方は金融機関から融資を受けて物件を取得されることと思います。その融資について大事なことが「金利」です。

金利には「固定金利」と「変動金利」の2種類の金利タイプがあります。この金利タイプの選択が、ローンを組む時の悩みどころの一つです。文字通り、金利が変動するかしないかが違うのですが、それぞれどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

「固定金利」のメリットは、世間の金利の上昇下降に関わらず契約時の金利が固定されていることです。例え、どんな大恐慌が訪れたとしても、毎月の返済額は変わりません。資金計画が立てやすいとも言えます。デメリットとしては、基本的には「変動金利」よりも高めの金利に設定されていること。繰り上げ返済時の手数料が高めなことが挙げられます。

「変動金利」のメリットは、「固定金利」よりも低めの金利に設定されているため、毎月の返済額が少なくてすむことです。繰り上げ返済時の手数料も安めです。しかし、金利上昇に伴う返済額の増加は、「変動金利」のデメリットとして常に頭に入れておかねばなりません。

「変動金利」は、半年に一回の見直しで金利が変動するにも関わらず、一般的に5年間は毎月返済額が一定に保たれます。そのため、元金と利息の支払い割合の変化に気づきにくいという特性があります。また、返済額の増額はそれまでの1.25倍に収めるというルールがあるため、その分、元金の返済が遅くなってしまう状況も起こり得ます。

以上のように、「固定金利」と「変動金利」には違いがあり、それぞれに長短があります。いざ銀行に行って決めるのではなく、十分に考慮を重ねて、しっかりと決めておくことをおすすめします。

 


最後までお読みいただきありがとうございます。私、不動産プロデューサー❝アユカワタカヲ❞は、無料不動産投資メルマガを配信しています。ブログでは書けない不動産投資とっておき情報もお届けしています。あなたからのご登録をお待ちしています。

→ メルマガについて詳しくはこちらの記事をご覧ください


人気ブログランキングに参加中です。お楽しみいただけましたら、応援クリックをよろしくお願いいたします。

Sponsored Link