税理士と会計士の違いについて

Sponsored Link

不動産投資は購入するまでの準備や決断に目がいきがちですが、実は購入後の不動産をどのように管理・運営していくのかが非常に重要です。その運営に関しての力強い味方、「税理士」「会計士」についてのお話です。そもそもその業務について、どのような違いがあるのでしょうか?

「税理士」と「会計士」の違い。

税理士は、税務業務の専門家です。具体的には、納税者に代わって税務を申告する税務管理、税務書類の作成・提出代行を行います。また、投資家の成功をより確かなものするために必要な「税金対策」の相談に乗ってくれる立場でもあります。

比べて、会計士は会計と監査業務の専門家です。監査業務とは、企業の財務情報を第三者の立場から保証する業務のことです。この第三者として目は経営者にとって極めて重要で、冷静に状況を読んで不動産経営戦略のアドバイスを送ってくれるはずです。

サラリーマンだけでの日常生活では関わりの少ない二つの業種かもしれませんが、よりよい不動産投資、不動産経営をしていくには欠かせないチームメイトです。それぞれの専門家の長所をしっかりと理解した上で、協力体制を築いていくことが大切だと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。私、不動産プロデューサー❝アユカワタカヲ❞は、無料不動産投資メルマガを配信しています。ブログでは書けない不動産投資とっておき情報もお届けしています。あなたからのご登録をお待ちしています。

→ メルマガについて詳しくはこちらの記事をご覧ください


人気ブログランキングに参加中です。お楽しみいただけましたら、応援クリックをよろしくお願いいたします。

 

Sponsored Link