「敷金」と「礼金」の違いについて

Sponsored Link




不動産賃貸業での基本中の基本、「敷金」と「礼金」についてのお話です。

不動産投資をまだ始めてない方でも、賃貸暮らしをした、あるいは賃貸暮らしを考えたことがある方は、一度は目にしたことのある用語だと思います。「敷金」と「礼金」は賃貸契約の初期費用に関わるものです。しかしいずれも、家賃の数ヶ月分にあたるため、時には引っ越しを躊躇させる材料にもなり得ます。

まず、「礼金」とは、入居する物件の大家さんへの感謝の気持ちを表すものです。諸説あるんですが、戦後間もない時期に住居を提供していただいた方に対して謝礼を包んだことが始まりと言われています。現在ではその意味合い自体は薄れてきたものの、慣習だけがそのまま残っている形です。

次に「敷金」です。大家さんにとっての保険みたいなもので、転居の際の原状回復や予期せぬ家賃の滞納があった場合に、この敷金が補填にあてがわれます。その特徴から関西では「保証金」とも言われるそうです。また、納めた金額から補填金額を差し引かれた額が返金されるのも、この敷金の特徴と言えます。

最近では「敷金・礼金無し」を売りとしている物件も増えてきました。その分が家賃に上乗せされていたり、修理代・クリーニング代として請求されていたりと補填形式は様々ですが、初期費用が抑えられるメリットには変わりありません。

契約の際に「敷金」「礼金」がそれぞれいくらかをしっかりと確認して、疑問点を明確にしておくことが大切ですね。

オーナーが強気でいられるエリアの物件は、「敷金2か月」「礼金2か月」となります。しかし空室物件が余っているエリアになると、「敷金1か月」「礼金1か月」となり、最も入居付けが厳しいエリアだと、「敷金0ヶ月」「礼金0ヶ月」通称「ゼロゼロ物件」となってしまいます。

オーナーの立場から見ると、入居者は「敷金」「礼金」をどのぐらい支払っても住みたい部屋なのか?を早くしておくことが大切ですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。私、不動産プロデューサー❝アユカワタカヲ❞は、無料不動産投資メルマガを配信しています。ブログでは書けない不動産投資とっておき情報もお届けしています。あなたからのご登録をお待ちしています。

→ メルマガについて詳しくはこちらの記事をご覧ください

人気ブログランキングに参加中です。お楽しみいただけましたら、応援クリックをよろしくお願いいたします。




Sponsored Link