個人に大切な「貸借対照表(BS)とは・・・?」

Sponsored Link

[cc id=999 title=”リンクユニット”][br num=”1″]05c90c6988e0ba594ecff1d92509cdbc_s[br num=”1″]

今日は個人に大切な「貸借対照表(BS)」について説明しましょう。
ここでは、例えば「11月30日現在」で、皆さんの資産を「ざっくり」計算してみてください。

皆さんは通帳は、何枚持っていますか?
その通帳を一度、全部出してしまいましょう!その中にもしかしたら「昔、おばあっちゃんが作ってくれた郵便貯金があるなぁ」とか「3,000円だけ入っていた」などがあるかもしれません。それらを全部出してしまいましょう。
そして最近、通帳記入をしていなかったものは全て通帳記入してきてください

  • ① 全ての通帳を通帳記入する

次に、「生命保険」などに入られている方は「解約返戻金」というものがあります。これは「今、解約したらいくらお金が貰えるのか?」というものです。

  • ② 保険の解約返戻金を調べる

次に、「住宅ローン」でマンションを買われている方は、「今、マンションを売ったらいくらになるか?」を調べてみましょう。「マンション査定」などで検索するとインターネットなどで簡単に調べられるサイトが見つかります。

  • ③ マンションの査定額を知る

①、②、③を全て足した金額があなたの ④「資産」です。

一方で、⑤「負債」もある人がいると思います。
例えば、「住宅ローン」がそうですね。11月30日付けで「残債」がいくら残っているのか?それを調べてください。
それから、「カードローン」を利用している人。「クレジットカード」ではありません。この場合「リボ払い」をしている人です。
月々のリボ払いがいくらなのかを記入してください。

そうすると、④「資産」ー ⑤「負債」を引いた額が皆さんの「純資産」になります。
この「純資産」を毎月チェックしていき、この金額が毎月「増えていく」ことを目指してください。
「増えていく」はずです!なぜならば皆さんは「2:6:2」の法則で毎月20%を貯金しているからです。

→ 詳細はこちらの記事をご覧ください

もしも、「純資産」が増えていない、はたまた「減っている」場合はどこかに異常があります。
毎日、体重計に乗って体の状態を把握するのと同じです。
家計の健康状態をチェックするようにしましょう。

[br num=”1″][cc id=1018 title=”メルマガ募集”][br num=”1″][cc id=909 title=”応援クリック”][br num=”1″][cc id=999 title=”リンクユニット”]

Sponsored Link