「損益計算書」と「貸借対照表」は個人にとっても大切です

Sponsored Link

011329bca08071222482e4ee28d0a7f4_s

「家計の健康診断をしましょう」と先日当ブログで書かせていただきましたが、その際に重要な二つの言葉があります。
それは・・・「損益計算書(PL)」と「貸借対照表(BS)」です。

この二つを皆さんの家計でつけるようにしてください。
漢字ばかりで難しそうだな・・・と思ったあなた!大丈夫です!(笑)簡単に説明します。

「損益計算書」とは・・・?
一ヶ月間のお金の流れです。一ヶ月のお金の流れをムービーで撮っているイメージです。

「貸借対照表」とは・・・?
◯月◯日の、資産がどうなっているか?というのを写真で撮っているイメージです。

それぞれ説明しましょう。

「損益計算書」とは・・・?
一ヶ月の家計簿です。ここで重要なポイントがあります。
支出、収入の金額を「ざっくり」記入してください。実は、細かくすると人間って長く続きません(笑)作業を簡単にする。これが継続させるポイントです。

まず手取りのお給料があります。そして、例えばブックオフなどの古本屋さんに本を売った・・・これも収入になりますので計算に入れましょう。

そして、次は支出です。
皆さんは今まで買い物をしたとき、レシートはどうされていましたか?
コンビニに行くと、レシートを捨てる箱があって、結構いっぱいになっていますよね。
私はあれを見ると「マネーリテラシー」が低いなぁ・・・。といつも思ってしまうのですが、
このブログを読んでいる皆さんは、必ず!レシートをもらってください。

私は駅の立ち食い蕎麦ですら、領収書をもらいます。
そして、1日の終わりにクリアファイルなどに挟んでおく、それを継続させて、一ヶ月分が溜まります。この時に一ヶ月分をまとめて計算するのです。

損益計算書・・・つまり家計簿は本屋さんにも売っていますし、今やケータイのアプリにもあるのでぜひ使ってみてください。
初めは「ざっくり」で構いません。この作業を続けて、自分の家計の状態を知る。これが一番大切なことなのです。
「貸借対照表」についてはまた、ご説明しましょう。

 


最後までお読みいただきありがとうございます。私、不動産プロデューサー❝アユカワタカヲ❞は、無料不動産投資メルマガを配信しています。ブログでは書けない不動産投資とっておき情報もお届けしています。あなたからのご登録をお待ちしています。

→ メルマガについて詳しくはこちらの記事をご覧ください

人気ブログランキングに参加中です。お楽しみいただけましたら、応援クリックをよろしくお願いいたします。

Sponsored Link