日本のマネーリテラシーは遅れている?

Sponsored Link

5bdeb6f167be5df9b32a2363abe0137d_s

「世界に比べて日本のマネーリテラシーは遅れているんじゃないか?」そう思ったエピソードをご紹介します。

私はサラリーマン時代の35歳の時に、1年間、ニューヨークへ語学留学に行きました。そこでマンハッタンにある英語教室に通っていたんですが、そこに通う生徒たちはドイツ人、中国人、韓国人、アフリカ人、フランス人、そしてアメリカ人の先生を含めると、全ての国籍が揃っているという状況でした。

そんな中、私の隣の席に座る23歳のトルコ人と仲良くなり、英語も多少話せるようになって来た頃、ある日彼が僕にこう言ってきたんです。

「君に質問がある。君は今、どんな投資をやっているんだい?」

当時の私は、「急に何を言っているんだろう?」と頭にクエスチョンマークを浮かべていると、彼は続けてこう言ったんです。

「君は日本から来たんだろう?日本の良い投資案件を教えてくれ!」

するとその話を聞いていた、各国の生徒達が「俺にも教えてくれ!俺にも教えてくれ!」と日本人である私の周りを囲んで、質問攻めにあう状況になりました。その時にハッと気付きました。日本以外の他の国々では、高校や大学でファイナンス教育を受けていて、自分の力でどうやってお金を増やしていくかという、マネーリテラシーの教育を受けているんです。

その当時、投資の知識をまったく持っていなかった私は、何も答えられず恥ずかしい思いをしたのを覚えています。

世界では20代、30代の若者がすでにマネーリテラシーを身につけています。しかし残念ながら、この日本では学校教育で教えられていないために、マネーリテラシーを身につけていない若者が多いの現状です。私は、このブログを読んでいる皆さんだけでも、マネーリテラシーを身につけて自由な人生を歩んでいけるよう願っています。


最後までお読みいただきありがとうございます。私、不動産プロデューサー❝アユカワタカヲ❞は、無料不動産投資メルマガを配信しています。ブログでは書けない不動産投資とっておき情報もお届けしています。あなたからのご登録をお待ちしています。

→ メルマガについて詳しくはこちらの記事をご覧ください

人気ブログランキングに参加中です。お楽しみいただけましたら、応援クリックをよろしくお願いいたします。

Sponsored Link