不動産投資のための推奨本

Sponsored Link

不動産投資のための推奨本

不動産投資に必要なものは何でしょう、第一に必要なものは「知識の蓄積」です。
不動産投資セミナーに参加し勉強したり、本を読んで勉強したり、
また時には、ブログやメルマガで勉強したりと、スキルを上げていくことが大切です。

そんな中でおすすめの推奨本を二冊ご紹介したいと思います。

一冊目は、

タイトルが、

「不動産投資専門税林が明かす
金持ち大家さんの共通点」著 税理士・コンサルタント 稲垣浩之  双葉社

この本は、街で溢れている成功大家さん本とは違い、
2000人以上の投資家のコンサルをされてこられた税理士の先生目線で書かれている不動産投資本です。

今後の、自分の投資ストーリーを組み立てるのに非常に参考となります。

重要な一冊でです。

続いて、
法人として不動産経営を始めると、経理のことを学ぶことが必要です。

そこでおすすめの一冊です。

タイトルは、

「悪の決算書入門」著 元国税調査官 大村大次郎  双葉社

この本は、結構ギリギリのところまで書かれていて、参考になります。
今後の事業戦略を立てるうえで非常に参考になる書物です。

タイトルは刺激的ですが、冷静な経営者に求められる方針が書かれています。

読んているのと、読んでいないのとでは、大きく差の出る二冊です。

この二冊、大切です。

 

 

Sponsored Link